いすゞ製作所 > COVID-19の対応

After COVID-19
新しい日常のために

COVID-19の拡散は終息の兆しも未だ見えない中
必死に堪えている人々がいることを忘れてはいけない

敬意を持って
医療従事者および保健所スタッフの最後まで諦めないという強い信念でこの瞬間も戦っている

私たちにできること
どのような行動で、何をすれば感染を予防できるのか、みんな知っている

躊躇せず行動しよう
大切な家族を守るために、会社や地域社会を守るために、そして自分を守るために

真摯に向き合う

「新しい日常のために」

COVID-19の対応

 

 COVID-19の感染拡大は、昨年以来日本人はワクチン接種が遅れる中でも国民の高い意識で、強制的な規制がなくとも、多くの国民が感染予防及び感染拡大を防止する処置を行っております。しかし、第五波は変異型ウィルスのデルタ株が猛威を振るうことが予見されておりますが、東京オリンピック・パラリンピックの開催は「東日本大震災復興五輪」として開催されるでしょう。 完全復興にはまだ時間を要するようですが、あの未曾有の大震災および大津波から人々は「心を一つに」復興を願い活動を行なってきました。 その姿を全世界に発信し、「平和」の尊さを、お知らせできることが日本国民としての誇りであると思います。 しかし、予期しないCOVID-19のパンデミックで通常開催は難しいと思います。 優先されるのは国民と選手の安全です。 方法は様々あると思いますが、オリンピック開催が感染拡大の原因にならないことを切に祈ります。 

 今なお、緊張感を持ちながら罹患者と向き合う医療従事者の皆様や、介護施設、学校、保育園など三密を余儀なくされるお仕事にたずさわられる方々には敬意を表します。
 どのような行動を行えば感染は防止できるのかは周知されつつあります。しかし、長期に渡る自粛や制限にて少し、緩くなった雰囲気を感じる今日この頃です。 ワクチンの接種が進みつつあるのは朗報ですが、ワクチンは「発症防止効果」と「重症化防止効果」のみ評価されており「感染予防効果」は評価されておりません。 ワクチンを接種しても感染をすることを認識し、今までと同じく「マスク着用、手の除染」を徹底しなくていけないと考えております。

 営業対応は、状況を確認しながらお客様の安全第一を優先し、一部の地域を除いて活動を行います。また、屋外で開催する「キャラバンカー キャンペーン」など、感染防止を徹底した訪問活動や、ご好評をいただいたバーチャル営業所 CAP Onlineや、Zoom展示会及び会社案内など、オンライン営業は継続いたします。

 「新しい日常のために」をキーワードに、これからの未来創生に力を入れてまいります。

 COVID-19の感染で入院治療や不幸にも亡くなられた方やご家族、関係者の皆様にお見舞いと、お悔やみを申し上げます。また、最後まで諦めない力強い姿勢で昼夜寝る間も厭わず戦っている皆様に敬意と感謝の気持ちをお伝えいたします。特に医療従事者の皆様には日本国民として誇りに思います。ありがとうございます。

2021年7月7日
株式会社いすゞ製作所
代表取締役 社長 関川 博

 本社、工場では、感染予防のため入構には、マスク着用とアルコール等の除染をお願いしております。また、スタッフに関しても徹底した感染予防を実施しております。外勤者に関しても、感染予防の教育とマスクを都度取り換えるなど指導しております。
しばらくは、入構者様にはご協力を賜りたいと存じます。

*感染拡大著しい地域への渡航と来社を一時的に控えさせていただております。
ご理解と、ご協力をお願いします。制限地域は、本社営業部まで問合せをお願いします。

本社、工場 通常営業 (一部地域からの入構制限)
CAP新潟 通常営業 (感染予防対策確認後の訪問)
CAP関東 通常営業 (感染予防対策確認後の訪問)
CAP関西 通常営業 (事務員はテレワーク)
CAP online 通常営業
アフターサービス 通常営業 (感染予防対策確認後の訪問)