いすゞ製作所 > サポート > VT 温度調節器ソフトウェア・ドライバ > ケーブルドライバ

ケーブルドライバ (通信プログラムについて)

必要性

パソコンとデータの送受信をローダソフトを使用して行うために必要なドライバです。

使用上の注意

ローダケーブルのステレオジャックは、最後まで確実に入れてください(カチッという手応えがあります)。

インストール

必要な環境

日本語版オペレーティングシステム WindowsXPもしくは英語版オペレーティングシステム WindowsXP
コンピューター本体 Pentium CPU を搭載したパーソナルコンピューター
(Pentium 90MHz以上推奨)

インストール方法

1. 下部のダウンロードをクリックしてください。

zipダウンロード CDM2.04.06WHQL_Certified.zip
圧縮Zipフォーマット [819.5 KB]

2. ローダケーブルのインストール方法
マイクロソフト ウインドウズXPの場合のインストール方法を説明します。
他のOSについてはお問い合わせください。

a. ZIPファイルをハードディスク上に展開してください。以降の説明は、デスクトップ上に展開した状態とします。

b. ローダケーブルをパソコンのUSBポートに差し込んでください。ローダケーブルが認識されると下記のような画面が出ます。

image

c. 次に下記画面が出るので、「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」を選んで

image

d. 次に下記画面が出るので、「参照」をクリックして、デスクトップ上の展開したフォルダを指定します。[次へ(N)>]をクリックして下さい。

image

e. 下記画面が出たら完了をクリックします。

f. 次に下記画面が出るので、「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」を選んで[次へ(N)>]をクリックしてください。

image

image

g. 下記画面がでたら完了をクリックします。以上でインストールは完了です。

h. ローダケーブルが、通信ポートの何番に割り当てられたかを知るときには、デバイスマネージャー上のポートを参照してください。

image

Menu

企業情報

こだわり

ラインナップ

サポート

企業活動

お問い合わせ

採用情報